車検 車の傷

車検はどこで受けたら安いのか?

車検を受ける場所

最近私の所有している軽自動車が車検時期となり、どこで車検を受けようかあれこれ調べていました。

いつもは近くの整備工場に出していたのですが、友人からよく「あそこは高い」と聞かされていたので、今回は安いところを探してみようとネットで検索してみました。

 

事故車買取相場を調べる

 

すると、案外私の家の近くにもHPで車検が安いことをアピールしている店が多いことに驚きました。
しかもいつも私が払う金額より30%くらい安いところばかりです。
安いからといってもサービスが悪いわけでなく、薄利多売の様子です。その中から金券などあとあと使える特典のある店に決め、電話で予約しました。
そして車検当日店に行き、代車を借りて帰ったのですが、代車が新車のようにきれいでこのまま乗りたくなるようなものでした。
車検は2日で終わり、整備したところや費用のかかったところを逐一説明してもらい、大満足で支払いをしました。クレジットカードが使えたので大量の楽天ポイントもゲットしました。
 車を維持していく中で車検は一番費用のかかるものだと思います。最近では30分ほどで終わり、低価格だと広告をだしている整備工場もありますし、自分で車検を通す方法もあるそうです。
同じお金を払うならちょっと調べて、みなさんも是非かしこく車検してくださいね。

 

自動車査定

いつのまにかのへこみ傷

いつの間にかの傷

誰しも、車は大事に乗り、ボディーへの傷はつかないように乗ってはいるものの、気がつけば身に覚えの無い小さな凹み傷がついてしまっているような経験はないでしょうか。

もし、中古下取りする予定がこの先あったとして、査定にも影響してしまいますし、原因さえ分かれば注意することもできるのですが、なかなか分からないのが現状です。
実は、その原因のほとんどが身近にある場所でおきているのです。
それは、駐車場でおこっているのです。

 

自動車査定

 

具体的には、自宅やマンションの駐車場ではなく、出先で訪れるお店の駐車場で隣の車のドアの開閉でぶつけられたことによる傷が大部分の原因なのです。
では、なぜ隣の車はドアをぶつけてくるのか、またその車へも傷がつくおそれもあるのに、なぜなのか。
その理由は複雑で、運転する側の気持ちがわかる人ならば、ドアを開けるときには、ゆっくり丁寧に開けますが、後部席に乗っている小さな子供や、運転経験がまったくない初老の方などは、全快の力でドアを開けることがあり、いずれも悪気はなくとも結果ドアをぶつけてしまい、傷をついてしまうことになります。
また、一番悪質なのは、作業用の軽自動車の運転手の中には、自分の車に傷がつこうが相手の車に傷をつけようが、おかまいなしの人もなかにはいます。
ゆえに、駐車スペースにとめるときは、できるだけ両サイドには、壁や充分スペースが空いている場所にとめるか、どうしてもスペースがない場合は、営業用の車や古いタイプのセダンを避けて、できれば、高級車の隣にとめれば、身に覚えの無い小さな凹み傷は減ります。

 

自動車査定